カッコカワイイ宣言

どうも、ふじけんです。

最近「ふじけん生きてる?」とよく心配されます。
とりあえず死んではいません。

さて、新年の抱負を今さらながら。

個人的には、この「新年の抱負」的なものは非常に取り扱いに困ります。
だって、憶えていないもの。
基本的にそんな記憶力はよくない(無駄なものを除く)ので、一ヶ月も半年も前に建てた誓いなんて、憶えてられっかよ、と。
で、そこでふと思うわけです。

「野望」とか「夢」とか、今どんだけ考えても憶えてねーんじゃねーか?
「やりたいこと」なにそれ、おいしーの?

正直な話、目の前のヒト、コト、モノについて一生懸命考えてるだけで、僕のメモリはいっぱいいっぱいです。
「視野が狭い」「余裕が無い」ってそりゃ褒め言葉ですか?

と、いうわけで。
「じゃあ、どんな言葉なら憶えておけるんだよ!?」って考えます。

思い至ったのは中学時代。

いじめだのなんだのを通じて、身を持って感じた真理の扉の向こう側。
うさんくさくて、かっこつけで、誤解されやすい、声の大きな中二病が、それでも一生懸命生きていけた理由。

今ソコで、自分に何ができるのか、自分は何をすべきなのか、全力で考え続けろ。

以上。

多分、これだけが自分の人生を支えてきた哲学だったし。
就活本だの、内定者だの、人事だのと、どれだけ話しても変わらなかったホントの想い。

まあ、その“そこ”にあたる場所を探して、諸国放浪漫遊記を絶賛執筆中なわけですが(苦笑)

で、振り返って去年。

僕はそれが出来ていたかって言われると、全くできていなかった。

おそらく人生で最低最悪な出来栄えだったと思う。自分のために「やりたいこと」を探しては首を突っ込んで、どれだけたくさんの人に迷惑をかけたのか。そして結局、やりたいことは見つかったのか。

どれだけ考えても、ハッキリ答えは言えません。

ただ、今年の抱負をあえてここで掲げるとすれば、それはもう、僕の人生を支え続けてきてくれた「イマソコ、ナニデキ、ナニスベ」しかなかろうと、僕は思うのです。

 

絶対、忘れないしね(笑)

というわけで、イマココ。

Lienのみなさん、新年あけましておめでとうございました。
今年もきっとご迷惑をおかけするでしょうが、僕なりに頑張ろうと思います。
よろしくお願いします。

p.s.はらゆい、いつもありがとう^^

カテゴリー: 藤本賢慈 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。