シングルマザーからバリキャリ予備軍まで

こんにちは!

先日、「ながしまって土日いつも予定ないの?!大丈夫??!」と暇すぎて謎の心配をされた2年のながしまです。

 

みなさん、今まで小学校、中学校、高校、大学、それ以外でも色々な機会で様々な人と関わってきたと思います。

私もそうです………が、関わってきた人たちのふり幅にはかなり自信があります。

ということで、私の自慢は幅広い階層(?)の人と生活を共にしていたことです。

 

小学校を卒業した私は、そのまま地元の公立中学に入学しました。

そこは県内で一番生徒数が多く、おそらく一番荒れているであろう学校でした。

 

ただ荒れているだけではありません。

 

学力テストは全科目全国平均以下、50m走の平均タイムは全国平均よりも0.5秒近く遅い、勉強も運動も出来なければ素行も悪い、民度低すぎド底辺中学でした。

保健室は不良の溜まり場になっていて怖くて行けず(養護教諭も生徒が仮病を使っていると思い込んでいるのでめちゃ怖い)、毎日のように窓ガラスが割れ、生徒が教師に対して暴力事件を起こすような学校には、最高にファンキーな仲間たちがたくさんいます。

彼女たち(男子もいますが私には男友達いなかったので知らない)はいつも悩みを抱えていました。

 

「リストカットの痕が消えない」

「彼氏が私のイニシャルを入れ墨しようとしてるけど、本当は別れたい」

「妊娠したかもしれないんだけど、どうやったら流産できる?」

 

と、(何でこれを私に聞くんや……)と思ってしまうような相談をたくさんされました。

彼女たちは中学卒業後、訳の分からない男と子どもをつくり、実家で暮らしながら子育てしているんでしょう。ハタから見れば人生ハードモードですが、Twitterのbio欄に「卍19の代卍 卍卍男絡みいらん卍卍」なんて書いているので楽しそうです。

 

一方で私は、県内で一番スカート丈が短い女子高に入学しました。

女子高と言っても、りっちゃんさんや、あやさんが通っていたような、行きかう人に「ごきげんよう」と挨拶をし、茶道や華道を嗜むような学校ではありません。

彼氏と別れたことが嬉しかったのか、廊下で「自由だーーーーー!!!!!!」と叫ぶ人や、体育祭の騎馬戦が雨で中止になったのが悔しすぎて、泣きながら校長先生に「騎馬戦させてください!!!」と直訴する人、授業7時間中7時間寝てる人など、最高にファンキーな仲間たちが集まった学校でした。

 

ですが彼女たち、ポテンシャルめちゃ高いんです。

 

とりあえず、みんなピアノ弾けます。足も速いです。顔も割とかわいい。それだけではありません。

 

全国模試英語1位

水泳インターハイ個人2連覇

読書感想文内閣総理大臣賞

 

など、輝かしい記録を持っています。ですが、みんな変人です。

教室で、私の椅子をガンガンに蹴っていた後ろの席の子は京都大学に入試1位で合格しました。彼女だけではないですが、みんなバリキャリ女子への階段を着実に昇っているでしょう(能力を分けてほしい)。

 

そんなこんなで、中学から高校にかけて上から下まで見てきました。

総じて刺激的でした。大学は平凡すぎてつまらないくらいです。

みなさんの周りにいる面白い人、教えてください。

 

 

もうすぐ12月。そろそろみなさんの頭がクリスマスで支配される頃ですね。

2017年残り一か月頑張りましょう。

 

 

今日も元気におしゃべりあん!

 

 

カテゴリー: 長島有紀 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。