気配りができるブスになる

こんにちは

大学1単位取得率が低く、留年率が高い学部学科コースに所属しているにも関わらず、お正月は勉強せずに『NANA』を読みふけっていたながしまです。

 

矢沢あい先生の『NANA』、みなさん読んだことありますか?

間違いなくトップ・オブ・少女漫画です。女性も男性も絶対読むべし。

とにかくやばいです。話も登場人物も。よくある”胸キュン!”なんて薄っぺらい感情では片付けられないヘビーな内容なので刺激がほしい人にオススメします。最&高!

 

ところで、今回は「新年の抱負」についてお話します。

まず初めにお笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイさんの「仮定ブス幸福論」を見ていただきたいです。

 

 

 

……素晴らしくないですか?

 

わたしはこのプレゼンを見てから、仮定ブス幸福論信者になってしまいました。

 

いつでも謙虚で、周りを見て、気配りができる。

当たり前のことを当たり前にできる人っていそうでいないですよね。

 

わたしは、大学に入ってから一人でいることに慣れすぎてしまいました。

家でも一人、学校でも一人、休みの日も一人。

初めは寂しかったけど、だんだん「むしろ一人ラクじゃね?」と思ってきて、周りに対する意識が低くなりすぎています。ううう……。

ていうか、ずっとボーっとしています。恥ずかしい。

部活という宗教に所属し、先輩を神として崇め、「先輩には絶対仕事をやらせない!!」と先輩から仕事をぶん取っていた高校時代の自分はどこへやら。

 

これからは、自分の人生のマックスを目指して自分磨いていこうと思います。

 

目指せ、気配りができる女。

 

 

それでは、今日も元気におしゃべりあん。

 

 

カテゴリー: 未分類, 長島有紀 パーマリンク

気配りができるブスになる への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 美女メディアライターが考える、「美人の条件」 | おしゃべリアン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。